プロのネイリストを目指す・ネイリストを目指す方のために、役立つ3つのポイントを解説します!
1・ネイリストになるのに、資格は必要?

ネイリストになるために資格は絶対条件ではありません。しかし、実際に就転職を考えているのであれば、JNEネイリスト技能検定で2級以上を持っていることが望ましいとされています。

初心者の方は、まずは3級の合格を目指し、その後レベルを上げて上位級やJNAジェルネイル検定を受験していくのがよいでしょう。試験には実技もあり、独学での対策は難しい部分があるのでスクールを利用することをおすすめします。

2・スクール・講座の選び方

ネイルのスクールは数多くあり、講座も目的や学び方によって種類があります。スクールと講座を選ぶにあたって、基準になるポイントがあるので、チェックしてみましょう。

講座選びのポイント
費用について
分割・分納 プロを目指す講座は、サロンレベルの技術を直接指導してもらえる、検定対策ができる、などサポート体制がしっかりしているため、どうしても総額の費用が高くなりがちです。しかし、ほとんどのスクールが分割払いOKなので、負担を最小限に抑えることができます。
通学と通信

通学の場合、忙しくてもレッスンに足を運ばなければなりませんが、講師からの直接指導を受けられる、同じ目標を持つ仲間と練習を重ねることができる、などの利点があります。 通信だと、基本的には一人で学ばなければなりませんが、通学より安く学ぶことができます。迷っている方は、どちらも検討してみるのがよいでしょう。

通い方について
フリータイム制 自分の都合に合わせて受講ができる制度です。同じ曜日・時間に通うのが難しい、という方におすすめ。
土日開講 仕事や学校があるので平日は通えない、という方におすすめ。
振替制度 都合が悪くなってしまった場合、費用を無駄にせず、別のレッスンに振り替えられる制度です。
夜間開講 昼間だと忙しくて通えない 、という方におすすめ。
講座の日程・スクールの雰囲気

開講日程はスクールの資料にて詳しく確認しましょう。スクールの雰囲気については、資料を参考に自分の条件に合っていそうな学校をいくつかリストアップし、実際に訪ねてみるのがよいでしょう。

気になる検定対策について

検定の対策をしたい!というネイリストを目指す方におすすめの講座をピックアップしてご紹介しているので、講座の受講でそのまま検定対策もできます!

3・働ける場は?

ネイルサロンへの就職や、サロンの開業を目指すのが一般的です。

社会人の方がネイルを学んで転職をするケースや、最近では、子育てを終えた主婦の方が自宅サロンの開業を目指すケースなども増えてきています。

趣味でネイルを始める・趣味でネイルを始める方のために、役立つ3つのポイントを解説します!
費用を押さえて学びたい!

ネイルを学ぶのをためらっている原因の一つが、費用の問題という方も多いのでは? 確かに、以前はネイルの講座というとプロを目指すものが一般的でした。しかし、近年セルフネイルが話題になってきたことを受けて、趣味の方向けの講座も増えています!それによって、通学でも通信と同じくらいのお手頃な費用で学べるものも出てきました。
ネイルケアの基本を学べるものから、初めてでも人気のジェルネイルを学べるものまで内容は様々。
どんな講座があるか気になった方は、ここから探してみましょう。

通信講座の内容・送付物は?
内容

基本から検定レベルまで気軽に学べることで人気を集めている通信講座にクローズアップ!
ネイルケアの基礎からプロに必要なスキルまでじっくり学べる講座が最もスタンダードなタイプです。その他、サロンで人気のジェルネイルを学べる講座や、初心者から検定対策まで対応している講座などもあります。
好きな時間にDVDやテキストを見ながら繰り返し学習できるので、自分のペースで学びたい方におすすめです。添削をしてもらえたり、わからないことをメールで質問できるスクールもあるのではじめてでも安心です。


送付物(例)

テキスト 、DVD 、添削問題、デザインアートブック、ネイル用品一式

セルフネイルで自分を磨く

女子力をアップしたい、何かスキルを身につけたい、という方におすすめのセルフネイル。スクールを利用すればネイルケアを自宅でできるレベルの知識・技術を習得することができます。

同じネイルでも人と違うスキルを身につけたい方にぴったりなのがジェルネイル。
ジェルネイルとは、簡単、かわいい、長持ち、という特長からサロンでも人気が高まっているネイルです。一般的に「ハードジェル」「ソフトジェル」の二種類があります。
中でも最近人気なのはソフトジェル。「バイオジェル」や「カルジェル」をはじめ、様々なメーカーでオリジナルのジェルを開発しています。
それらのほとんどは、講座を通して学ぶことができ、プロを目指す方だけでなく、自分の爪に施すために学ぶ方も増えています。
しっかり学んで、指先までおしゃれを楽しみましょう!